歌手になるには?プロの歌手になる方法について詳しく解説しています。
  1. プロも視野に入れたい人へ!歌手になるにはどんな方法がある?

プロの歌手になるにはどうしたらいいの?

ボイトレに通う人の中には、本気で「プロになりたい!」と思っている人もかなりいます。いろいろなオーディションを受けている人や、すでに路上ライブなどを行っている人もいるかもしれませんね。ここでは、歌手になるにはどんな方法があるのか、所属先の種類や「歌う仕事」の種類を解説します!

歌手になるための方法

歌手になるための方法

まず、歌手になるにはどのような方法があるのでしょうか。

①スクールや養成所からのデビューを目指す
音楽スクールや芸能事務所が運営している養成所に入り、そこでレッスンを受け実力をつけた上でデビューを目指す方法です。当サイトで紹介しているボイトレ教室でも、プロ用コースの設定があるところも多くあります。業界とのパイプやデビュー実績を事前に確認してみましょう。
②YouTubeや「歌ってみた」ほかSNSや路上ライブでセルフプロデュース
YouTubeで自作の曲・歌をUPしたり、カラオケを利用して「歌ってみた」をSNSでUPしたりというセルフプロデュースは、現在でも数多く見受けられます。また観客の集まる路上ライブを行うことで話題を集め、スカウトを待つ方法もあります。
③オーディションやコンテストに参加する
自分の歌に自信があれば、オーディションやコンテストに積極的に参加するのもいいでしょう。もちろん優勝が一番注目されますが、入賞や特別賞などでも実績になります。また副賞としてメジャーデビューや事務所への所属、メディアへの露出も見込めます。
④デモテープを作って事務所に送る
音楽事務所やレコード会社に自分の歌声を入れたデモテープを作って送るという方法もあります。大抵どこの会社でも新人発掘担当がいるので、その人の耳に残れば声がかかることも。

レコード会社・レーベル・事務所、どう違う?

レコード会社・レーベル・事務所、どう違う?

歌手を目指すにあたって、「レコード会社でも芸能事務所でも、デビューできるならどこでもいいよ!」というのが正直な気持ちかもしれません。ただ業界内では3社の違いは常識的なものなので、歌のお仕事をもらう上では知っておく必要があります。

レコード会社
CDやレコードの原盤制作・発売、宣伝・流通活動を行う。レコーディングやパッケージデザインもここ。またミュージックビデオの制作やプロモーションも担当する。
レーベル
簡単に言うと、「レコード会社のなかの1部署」。音楽ジャンルに合わせてレコード会社の中には複数のレーベルが存在。契約しているアーティストの方向性を決め、楽曲自体の企画・制作を担当する。
芸能事務所
主にアーティストの育成やマネジメントを行う。音楽活動以外のすべての芸能関連業務を担当し、音楽活動に関してはレーベルと一緒にマネジメントする。

アーティストは「芸能事務所と所属契約」をし、「レーベルと専属契約」をすることになります。A事務所と所属契約し、音楽活動については専属契約したBレーベルと行い、CDの発売はBレーベルが所属するCレコードから、ということですね。

「歌う仕事」にはどんな種類がある?

「歌う仕事」にはどんな種類がある?

歌手と言えば、「テレビの音楽番組で歌を披露し、華やかなステージで何万人ものファンを動員してライブを行う」というイメージがあると思います。ですが、実際にはそういった表舞台ではなく、顔を出さずに歌の仕事をする歌手など、下記のようにいろいろな種類があります。

  • 歌手のサポートをするサブボーカルやコーラス
  • 楽曲のガイドボーカル
  • 仮歌スタッフ
  • 結婚式などで歌うイベントボーカル
  • ボーカル教室の講師

自分のプロとして目指す道をしっかりと見極めたいですね。

関連記事

USボーカル教室
ページのトップへ