歌が上手くなる方法について詳しく解説しています。
  1. 1人でもできる!歌がうまくなる方法・テクニックまとめ

歌が上手くなる方法とは?

自宅でひとり、こっそり練習してみんなを驚かせたい!そんなあなたはぜひこれからご紹介する「歌がうまくなる方法」を実践してみてください。基礎からより上達する方法まで、大きな声を出さなくてもできるボイストレーニングをまとめました。

自宅でもできる基礎ボイストレーニング

自宅でもできる基礎ボイストレーニング

自宅でできる基礎トレーニングは、大きな声を出さずにできるものになります。歌うための身体作りと言えますね。

①腹式呼吸
太い声やロングトーンを出すためには、呼吸法は胸式呼吸ではなく腹式呼吸が必要です。 方法用語集でも解説しましたが、寝ている時には自然と腹式呼吸になっているので、まずは仰向けに寝て、リラックスして深呼吸。息を吸った時にお腹が膨らむのが分かると思います。息を吐くと膨らんだお腹が戻りますね。その呼吸法を立った状態でもできるようにしましょう。
②ロングブレス
声に安定感を出すための練習で、腹式呼吸を身に付けていることが前提です。このトレーニングによって息の量をコントロールできるようになります。 方法姿勢を正して息を吐ききったら、鼻から息を吸い込み、軽く閉じた歯の隙間から「スー」と息を吐きましょう。この時のポイントは、横隔膜を押し上げるイメージで「一定の強さで息を吐く」こと。10~15回を1セットとして2セット行います。
③ドッグブレス
横隔膜を使って腹式呼吸の感覚を掴む練習です。呼吸に必要なインナーマッスルを鍛え、リラックスした状態で大きな声が出るようになります。 方法口を半開きの状態にし、犬のように「ハッハッハッハッハッ」と短く息を吐きます。顔の前に手をかざし、そこに息が当たるように強く吐きましょう。1秒間に2回程度の速さで3分間続けましょう。
④リップロール
口周りの筋肉を柔らかくし、口をスムーズに動かせるようにします。また横隔膜を鍛えることで息と声のバランスを整えます。 方法唇を軽く閉じたまま、息を吐きます。唇が「ブルブルブル」と振動すれば成功。慣れてきたら、リップロールの状態のまま声を出す練習にトライ。地声や裏声など、いろいろな音程が出せるようにしましょう。

上達速度がUPする練習方法

上達速度がUPする練習方法

基礎トレーニングを十分に行い、理想通りにできるようになったら、より上達するための練習も行いましょう。

①音程を正確にするための練習
音程が外れないように歌うことは基本ですよね。そのためには、自分の音域を理解する必要があります。 方法自分の声や歌を録音して聞いてみましょう。最近はカラオケでも録音できるところが多いですが、なければスマホなどでも構いません。自分がどこで音を外しているのか確認できたら、次はそこを注意して歌いましょう。カラオケの採点機能も利用できますね。
②リズム感を養うための練習
どんなにキレイな歌声でも、リズム感が悪ければ上手とは言えません。リズム感は歌手にとって絶対に必要なものです。 方法自分の好きな曲で構わないので、聞きながら足でリズムを取るなど意識しましょう。4、8、16ビートが良く使われるリズムですが、プロはどんな曲でも16ビートでリズムを取っていると言われています。

確実に上達したいなら、やっぱり教室

確実に上達したいなら、やっぱり教室

自宅で1人でもできるトレーニングをご紹介してきましたが、確実にかつ効率的に上達したいなら、やはり教室に通うのが一番です。仮に上記のトレーニングを熱心に行ったとしても、自分だけでは「正しく練習できているか」の判断がつませんね。無駄に時間をかけてしまうよりも、正しい方法で同じ時間をかけて練習したほうが、上達を実感できるようになります。

関連記事

USボーカル教室
ページのトップへ