高音出し方について詳しく解説しています。
  1. 高音の出し方~効果的な練習で憧れのハイトーンボイスを手に入れよう!

憧れのハイトーンボイス!
高音の出し方とは?

憧れのハイトーンボイスを手に入れたい!でも現実は高音が全然でない…。そんな人も諦めないでください。高音が出ない原因を知って、きちんとトレーニングすれば高音域は出せるようになります。ここでは高音がでない理由と、自宅でできるトレーニング方法を紹介します。

高音が出ないのはなぜ?

高音が出ないのはなぜ?

高音が出ない・出せない理由は3つあります。単体の理由ではなく、複合的に合わさっているケースもあります。

理由その①喉が締まっているから
高音を出すと喉が痛くなってしまったり、声が枯れてしまったりしませんか?それは喉周辺の筋肉に力が入ってしまい、喉が締まっているから。高い声を出すには確かにパワーが必要ですが、それは力を入れて産み出すパワーではありません。
理由その②吐く息の量が少ないから
吐く息の量が少ないと、必然的に声は小さくなりますね。誰でも大きな声を出す時には息を思いっきり吸い込むでしょう。大声と高音を出すことは違いますが、適切な息の調節は必要です。
理由その③身体に余計な力が入っているから
高音を出すには声帯を開くことが必要です。その上で安定した声量を出すことで、高音が出やすくなります。身体が変に力んでいたら声帯も開きにくく、声量も安定しませんね。

高音を出すためのボイトレ

高音を出すためのボイトレ

では高音を出すためにはどのようなトレーニングをすればいいのでしょうか。ここでは高音を出すために自宅でもできるボイトレ方法をご紹介します。

①ため息をつく
効果的なトレーニングを行うには、喉がリラックスしている必要があります。喉に力の入っていない状態を作るためには「ため息」が効果的。人前で行うと心配されてしまいますが、身体全体を使って大きくため息をつきましょう。
②エッジボイス
エッジボイスは喉がリラックスしていないと出ない声です。この発声法を行うことで、リラックスした喉の状態を覚えましょう。
③ロングトーン
このトレーニングで呼吸量を安定させ、声量を上げることができます。ロングトーンで声がぶれなくなったら、感情を乗せて行ってみましょう。より高音を出しやすくなります。
④ポルタメント
これは、ロングトーンの発声を低音から一気に高音まで上げる発声法です。発声の後半に高音に向かって声を出していきましょう。
⑤裏声やファルセットで音を下げていくロングトーン
③のロングトーンは低音から高音に上げていくものですが、こちらは逆に高音から低音にロングトーンで下げていきます。

いかがでしょうか?高音に特化した練習のイメージがあまりないと思ったのではありませんか?

実は高音域を出せるようになるためには、まず地声を鍛えることが重要なんです。高音を出すために高音域の練習ばかりすると、変なクセがついてしまいます。まずは地声で出る音域(チェストボイス)をしっかり鍛え、音がフラフラとしないようにしっかり安定させましょう。チェストボイスが安定すると、自然と高音域も出るようになってくるのです。

また裏声ほど無理なく高音域を出す方法として、「ミックスボイスをマスターする」こともあるのですが、これは高音の出し方としては独学で行うことは難しいので、ボイトレ教室でプロのトレーナーに教わる方が間違いありませんね。

高音が出せると歌が10倍楽しくなる!

高音が出せると歌が10倍楽しくなる!

たとえ高音が出なくても、世の中に同じ声がない以上「自分の声が魅力的」であることは間違いありません。ですが、歌いたい歌が気持ちよく歌えると、レパートリーも増えるしやっぱり楽しいですよね!ぜひ、高音域の声を身につけて、より歌を楽しんでください。

関連記事

USボーカル教室
ページのトップへ